HOME > イップス克服,野球,ゴルフ


イップス克服・改善 カウンセリング、相談、トレーニング

 イップスとは、主に心理的な要因によって、スポーツの動作に支障が出て、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことをいいます。

周りの目や結果を気にしすぎるあまり、神経過敏・過緊張となって、思い(心)と動き(身体)の連携やバランスがうまくとれなくなってしまう状態です。

なんとか頑張って改善しようとすればするほど、状況が悪化してしまうケースもよく見受けられます。

熟練のスポーツ経験者でも、ある出来事をきっかけにイップスとなってしまうこともあり、症状のレベルの違いはあれど、スポーツ選手にとっては身近な悩みのひとつといっていいでしょう。

野球では近距離での送球時、ゴルフではパターやドライバーでの打球時、その他、テニスや卓球でのサービス時などに多く見られます。

イップス克服には、主な原因となっている「考え方やとらえ方などの心理面の改善」に加えて、緊張を引き起こしやすい「身体面の改善」を取り入れることがおすすめです。

また、実際の動作練習に加えて、頭の中で動きを想像練習するイメージトレーニングも効果的です。

この際のポイントは自分にとって都合のいいイメージだけを無理に描こうとしないこと。
いつもニュートラルな立ち位置に居られるよう、バランスのとれた練習がここでも必要になってくると思います。

持てる力を充分に発揮し、スポーツを思い切り楽しむには心理面のコントロールは欠かせないものです。

イップスを契機に、自分ならではの心と身体の調整方法を探り、一段、飛躍した競技力を手に入れるべく取り組まれてみてはいかがでしょう。

こんな場合に

 □ イップスを克服、改善したい

 □ 心と身体の緊張レベルを調整していきたい

 □ 場面や状況に関わらず、自分の持てる力を存分に発揮できるようにしたい

主な相談テーマ

 イップスの克服、野球のスローイング、ゴルフのパット・ドライバー、テニス、卓球のサービス、ダーツ、サッカー、その他スポーツのイップス症状の改善 等


具体的内容

 1.傾聴 (状況の確認、把握)

 2.考え方や受け止め方などの心理面の改善・変換の相談、提案

 3.リラクセーション法をはじめとする身体面の改善、提案、実践

 4.イメージトレーニング法、練習時・本番時での取り組みの工夫、提案、実践